任意整理は自分で出来る?

任意整理は借金の返済リズムの見直しをすることや過払い金を取り戻して借金返済に充てるなどして借金完済を目指す借金整理の方法で、弁護士や司法書士などに依頼をすることで代行して手続きをしてもらうことができます。

任意整理をするにあたって弁護士などの専門家を通すことになると費用がかかってくるので、できれば自分で任意整理がしたいと言う人もいるかもしれませんが、裁判不要の借金整理になるのできちんとした手順を踏めば自分でもできます。

任意整理を自分でする場合は金融機関との交渉が必要となるので、これまでに借り入れをした状況などを事前に調べておいて返済スケジュールの見直しなどの相談をすることで応じてもらえることがあります。

ただし過払い金の請求についてはすぐに応じてくれないところも多いので、過払い金の請求を検討しているのであれば専門家に依頼して代行して請求してもらう方が確実性は高くなります。

これは過払い金の請求をされることで経営が厳しくなっている金融機関が増えていることなども理由としてありますが、払い過ぎたお金を取り戻す権利があるわけなので過去に払い過ぎたお金があると分かっている場合はしっかり請求をしていく準備をしましょう。

任意整理弁護士ランキング

過去の過払い金の有無

任意整理を弁護士に依頼する場合や相談をする場合は必ず過去の借り入れ状況について聞かれることになりますが、これは過払い金があるかどうかについての確認である部分が大きくなっています。

過払い金というのは払い過ぎた利息のことを言いますが、高金利であるほど利息が発生している可能性も高くなるので過払い金の発生に該当する場合は請求するように進めていくと借金問題の解決ができます。

ちなみに過払い金の発生については自分自身でもある程度は調べることが可能で、これまでにお金を借りた際の明細書などが残っていればそれを元にしてグレー金利ゾーンの支払いの計算をして算出することが可能です。

これを元にして金融機関との交渉を進めていくことも可能で費用を抑えることもできます。

ただし、過払い金の請求をしても金融機関がそれに素直に応じるとは限らず場合によっては過払い金があるにも関わらず一円も手元に戻ってこないこともあるので交渉をしてくれる弁護士の手腕などは重要です。

借金整理の方法にはいろいろありますが、過払い金の請求による方法であれば請求をした先での借入は今後難しくなるものの、それ以外のところではブラックリストに名前が入ることはありません。

弁護士に支払う報酬

借金問題を抱えている場合の対策としてあるのが債務整理の方法であり、債務整理をすることによって借金の一部を減らして返済をしやすい状態を作ることや借金の返済スケジュールの見直しなどによって返済しやすい状態を作ることができます。

債務整理の中で最初に検討されるのが任意整理になり、この方法であれば借金を減額するわけではないのでペナルティも少なく、過払い金を取り戻すことができればそのお金を借金問題解決にカバーすることもできます。

弁護士に依頼をして任意整理をしてもらうのが一般的ですが、相談は無料になっていても依頼するにあたっては費用がかかってくるので相談をする際に依頼料についての詳細も確認しておく必要があります。

任意整理の場合だと弁護士に支払う報酬としては数万円が相場となっており、複数社から借りていて任意整理を検討している場合だと数十万円になることもあり、借り入れ先の多さによっても変わります。

過払い金の請求の場合だと成功報酬になっているところも多く、実際に請求をしてお金が返ってきた場合にそこから一定の手数料が引かれる形になっているので自己負担も少ない状態から過払い金の請求を行うことが可能になっているのも魅力です。